Shunsuke Foilsurfing School

Shunsukeフォイルサーフィンスクール

12/11こんばんは!スタッフのShunsukeです。

今日は夕方に向けて風も弱まり波もどんどん良くなる予報でした。

それに合わせて2人のお客様がフォイルサーフィンスクールを受けてくださいました。

初フォイルサーフィンスクールを受けてくださったえいこさん。

サーフィンを始めて5年で、ちょうど1年前にフォイルを一式(アームストロングHS1550)買い、フォイルサーフィンを始めました。

サーフィンとフォイルと両立してるとなかなかフォイルサーフィンが上達出来ないからと短期集中!とゆうことで受けてくださいました。

テイクオフ後に飛び跳ねてしまったり、前足がちゃんと出ればたまにテイクオフ出来るがまだまだ、テイクオフができないとのことでした。

フォイルサーフィンスクールの進め方

僕のフォイルサーフィンスクールは、ステップ毎にスクールをしていきます。

今日はステップ1の「テイクオフからフォイルを浮かさない練習」をすること。
以下のように陸上のクラウチングスタートのように、テイクオフの時は立たずに手と前足でフォイルが浮いてくるのを抑える練習。

良くフォイルに突き上げられて飛び跳ねてしまうケースが多いですが、これでは成長スピードがかなり遅いです。

このフォイルを抑える練習がクリアすれば、よしフォイルを飛ばすぞ!と自分の意思でフォイルを飛ばす練習に繋がります。

フォイルが勝手に浮いてきて、練習するのではありません。

この練習をそのまま海でやれば、このようにフォイルサーフィンが出来てしまいます!!!

長いトンネルを抜けてようやくFoilsurfingworldに進出した様子のえいこさん、、僕も嬉しいです!!

サーファーの方は目線がどうしても最初横に行ってしますが、真っ直ぐ前を見ることこれがフォイルサーフィンは本当に大切です。

えいこさんバッチリ飛んでいます!!びっくりです!!

スクール2回目カトウさん。フォイルサーフィンを始めて1年半。

だらだら練習をしてきたがちゃんと教わりたいとフォイルサーフィンスクールを受けてくださいました。

前回も同じ練習をしましたが、本日も同じ練習。

前回はテイクオフ時についついバタ足をしてしまう癖を直して、とにかく真っ直ぐバランスを取ってテイクオフする練習をしました。

バタ足をするとフォイルが敏感に動いてしまい、テイクオフが難しくなります。
そして今回…進化が…

このように、最初は腹ばいの状態でフォイルを抑えながら前へ進む練習でOKです!

慣れてきたら、前足を出してクラウチングスタートの状態へ行きましょう!

最初は、絶対立つことはNGです。地味な練習ですが、これが大切です。
この状態で、抑えながら前進むには目線が大切。フォイルサーフィンのテイクオフは基本的に最初は必ず前を見ます。

本日はフォイルサーフィン歴1年以上でなかなかテイクオフが出来ずにいたお2人でしたが、最後にはバッチリフォイルサーフィンしてました!!

次回はもっとロングライドが出来そうです!!喜んでる姿がとても嬉しかったです。
ありがとうございました(^^)

 

TEDSURF 「Shunsuke Foilsurfing School」サーフィン未経験の方でも、フォイルサーフィンもっとレベルアップしたい方でもどんな方でもお待ちしております。

更に上のレベルへ一緒にいきましょう!!

by 金氏駿介 Shunsuke Kanauji

 

 

TEDSURF 「フォイルサーフィンスクール」インストラクター金氏駿介

いつでもご連絡ください!サーフィン未経験もちろん大丈夫です。

お問い合わせ メール→mail@tedsurf.com

インスタ→tedsurf